「~だけダイエット」やってみた感想。


世の中には「~をするだけ」で痩せるダイエットがたくさんありますが、中でも私が実際に行って効果があったのは、単食(一日一食)だけダイエットです。

食事系のダイエットには二種類があります。

一つは日頃の食生活の中に一定のルールを設け、一日の食べる量を減らす方法です。

もう一つは体のエネルギーとなりにくい食材を優先して食べる、食事の質を変化する方法です。前者は総量制限を行うダイエット法で、後者はかさ増しを行うダイエット法となります。単食だけダイエットはこの内の前者になるでしょう。

方法は至ってシンプルで、一日に食事は一回のみ、朝昼晩は問いません。

一日一食だけダイエットのルール

ただしルールとしては、一回の食事の中でリンゴのみや、卵のみといった単品だけにはしないことです。

食材を単品にしてしまうと生きていく上で欠かせない栄養素を摂取することができなくなり、健康被害が出る恐れがあるからです。

栄養失調になったら元も子もないので、ダイエットは必ず健康的に行わなければいけません。

特にタンパク質は不足しがちな栄養素なので、一日につき50g程度は最低でも摂取しなければいけません。

一回の食事でタンパク質が多く含まれた魚類や肉類を素材とした食べ物を取り入れるようにしてください。

一日一食だけダイエットのコツ

私が試してみて感じた一日一食だけダイエットを成功させるコツは、一食だけで三食分の食事量を取らずに我慢できるかどうかです。

いくら一日一食に減らしたからといって、一回に三食分の食事量を取っていては意味がありません。

しかも一気に三食分も食べてしまうとエネルギーへの変化が追いつかず、体に蓄積しやすくなり、結果的に体脂肪の増加へと繋がってしまいます。

単食だけダイエットは食材の種類に制限がない一方で、暴飲暴食は控えなければいけないという点に注意する必要があります。

一日一食だけダイエットの感想

一日一食だけダイエットを行った感想としては、手間がかからず簡単にできるので運動嫌いの私には最適だと思いました。

ただ最初のうちは空腹感に襲われることが多いので、それに耐えなければいけません。

私の場合は、空腹になった時は運動を行って乗り切りました。

運動をしている間はそれほど苦痛には感じませんでした。

一日一食だけダイエットを始めて一ヶ月程度で体重が目に見えるほど減量しました。

これまで食べていた食事量をぐぐっと減らしたので当然と言えば当然かもしれません。

私は汗をたいしてかかずに効率良く痩せられるダイエット法という感想を抱きました。