ミスを少なくする仕事術!


仕事を頑張っているつもりなのに、どうしてもミスをしてしまうと悩んだことはありませんか。

仕事中での失敗は自分の評価に関係するだけではなく、まわりのスタッフや取引先などにも影響を与えるので、できたらしたくないものです。

ミスを100%失くすことは不可能に近いですが、ちょっとした仕事術を覚えることで少なくすることができるので、ぜひ覚えて実践してみましょう。

仕事の目的を知る

「この仕事をお願いね」と頼まれたものの、その仕事内容を把握していないと仕事を失敗する可能性が高くなります。

これを防ぐための仕事術として、まずは仕事の目的を知ることが大切になってきます。

さらに、どのような努力をしたらいいのかや、目的を達成させるための技術を身につけることも重要です。

仕事を頼まれたら充分に打ち合わせをし、ある程度の目途が立ったら確認と相談を交わすことで失敗を少なくすることが期待できます。

これに加え、その仕事を完璧に終わらせるために、うっかりミスや慣れによる失敗を減らす仕事術を実践してみましょう。

メモを取る習慣を身につける

それには、メモを取ることを習慣化することがポイントになってきます。

上司からの指示や仕事の締め切りなど、言われたことをメモする習慣を身に着ければ、うっかりと忘れてしまったという失敗を防ぐことができます。

また、todoリストを作るようにすると、自分がしなくてはいけない仕事の優先ポイントが分かりやすくなります。

後回しにしていい仕事が分かれば、効率がアップするのでおすすめです。

重要な部分を復唱し確認する

上司や取引先と話をする時は、重要な部分を復唱して確認をすることも失敗を少なくする大切な仕事術です。

こうすることで仕事内容の理解度が高まると同時に、聞き間違いを防ぐことが期待できます。

「いち」や「しち」「はち」など、数字の発音は特に注意して復唱するように心がけましょう。

あいまいなままにしとくと、後々重要な失敗に繋がる可能性があるからです。

仕事を進めていく途中で失敗に気づいたら、すぐに対応するようにしましょう。

後で直そうと放っておくと、失敗を忘れてしまう可能性がありますし、その失敗がどんどんと悪化することも考えられます。

ミスに気づいたらすぐに修正を行い、1人で対応できない場合は上司に相談することが仕事術では欠かせません。

さらに失敗に気づいたら、どうしてこのような失敗をしたのか原因を突き詰めるようにしてみましょう。

失敗の原因が分かれば、次回からどういう行動をすれば防げるか分かりやすくなるからです。