新入社員がまずすること


新入社員がまずすることは仕事をする前に関係する物や人を覚えることです。

そのためにほとんどの企業ではまずは顔見せのようなあいさつ回りをするようなことがあります。

これはどこで誰が何をしているのかを知るためであると同時に自分を覚えてもらうためでもあります。

配属が決まるまでは自分が何をするのかはまだわかりませんから、まずは自分の顔を覚えてもらうということと、先輩の顔を覚えるというのが最初にするべきこととなります。

ですから、出来るだけ多くの人と顔を合わせるようにするのがいいでしょう。積極的に挨拶をするのもいいことです。

多くの人と顔合わせをし、積極的に挨拶する

新入社員の最初の仕事は自分の顔を覚えてもらうことと、先輩の顔を覚える事と考えていいでしょう。それと会社の仕組みを覚えることです。

特に女性の新入社員の場合は社内の円滑剤的なところも期待されていたりもします。

職場を明るくしてくれるような期待も込められています。ですから、挨拶はとても大切なものとなります。

挨拶と無駄口は違う

ただ、挨拶と無駄口とは違うということは知っておいた方がいいでしょう。

仲のいい先輩を作るのはいいことですが、仕事の邪魔となるようなことは避ける必要があります。

ですから、挨拶になるわけです。会話をするというところまではいかなくても会釈をして微笑むだけでもいいわけです。

始業前や休憩時間は当然自由に話をしていいわけですが、仕事中は無駄口は必要ありません。

ですが、人とすれ違ったりするようなことはあるでしょうから、その時は頭を下げるような挨拶はしておくことが大切です。

これで先輩も違和感なく仕事をしていくことが出来るでしょう。

まとめ

新入社員はまずは先輩の業務の邪魔をしないこと、それでいて先輩に失礼のないように自分の顔を覚えてもらうようにすること、そして、先輩の顔を覚えることが最初の業務ということになるかもしれません。

配属されれば、それぞれの業務が確定して、業務内容を教える人も就くことになるでしょうから、新入社員もそうなれば普通の社員と同等に業務をこなしていくことになります。

業務内容は先輩がしっかりと教えてくれるでしょうから、それを学ぶのは当然として、後は他の先輩方にも失礼の内容に挨拶は続けていくということが大切です。

配属されて無関係の部署の人とは挨拶もしないとなると、これは職場の雰囲気を壊すことにもなりますから、関連する部署の人に挨拶するのは当然として、関連しない部署の人とすれ違ったりした時にも頭を下げるなどの簡単な挨拶は続けるようにしましょう。