絶対に抑えておくべき「節約の方法の基本」3つ


節約の方法の基本は、まずは今使っているよりもお金を使わないように心がける事です。

そうすれば支出を抑える事が出来るので、結果的に今までの1ヶ月の支出との差額分が浮き、その分貯蓄に回す事も出来るからです。

しかし、支出を抑えると言っても全てお金を使わないようにする事はなかなか難しく、時にはそれによって生活が成り立たなくなってしまう事もあり得ます。

生活に必要な金額の計算

まずは最低限の生活を営む事が出来るように、どの項目にはどれ位の金額が必要かと言う事を算出します。

自分で計算できない場合は、現在日本ではどれ位の相場となっているかを参考にして生活費を設定する事も可能です。

設定した金額を予算とし、まずはその範囲内でやりくりするようにします。

無駄を見つける

また節約する方法としては無駄を見つける事も有効な方法と言えます。

生活を営む上で、どうしても必要な事と実は無駄だと言う事があります。

たとえば食材については嗜好品と言うのは生きていく上で絶対に必要と言う訳ではない為、この部分は無駄だとみなす事もできます。

通信費についてもスマートフォンや携帯電話のプランの見直しをするだけでも月々の支出額を減らす事に繋がります。

出来るだけ継続して行う

あとは出来るだけ継続して行う様にします。

節約と言っても、1ヶ月程度しか続ける事ができなければ殆ど家計に対しての効果と言うのは見られません。

継続する事で、経済状況が変わり、貯蓄額等も変化して行きます。

しかし節約しようと意気込んで行うと、時にはやり過ぎてしまう事も少なくありません。

月々の食費が4人で10万円だった人が、ネット等の情報を見て1人あたり1ヶ月で5000円で押さえようとしても、どこから始めれば良いかすら分からない事もあります。

まずは自分のできる範囲で行う様にし、段階を経て徐々にその内容を細かくして行く事も可能です。

からまずは電気・ガス・通信費等の契約プランを見直したりする所から始めます。

慣れて来たら次は食事の内容を見直したり、なるべく電気の使い過ぎを防いだりすると言った形です。

節約自体はダイエットと同じで出来るだけ無理をせずに行う様にする、と言うのがポイントです。

その為、ストレスを感じ過ぎる位にお金を使わない状態にすると確かに短期間でも結果が見えやすくなりますが、その分継続し辛くなってしまう事もあります。

またただ漠然と節約をするのではなく、1ヶ月1万円貯める等の目標を掲げて行う方が継続して行いやすくなる傾向です。