将来AIに取られる可能性が高い仕事


昨今、AIの成長が著しくなっており、人間が行うはずの仕事を代わりに担うケースが増えています。

特に個性の出にくい作業に関してはスピードや正確性で勝るAIの方が効率が良く、敢えて人を雇う必要性が少なくなってきています。

その傾向はこれからも顕著に表れてくると考えられるので、どんな仕事が機械にとって代られやすいのかを把握しておくことをお勧めします。

運転手

まず第一に挙げられるのが運転手です。運転は安全性と効率性が求められる職業であり、最近の自動運転技術の向上により、事故無く目的地へと到達することは難しくなくなっています。

また、人間と違って疲労などで安全性を損ねることがないのも大きなポイントです。

トラックやバス、鉄道など様々な乗り物の運転が自動に代わることが予想されます。

各種事務員

その次に代わられやすいとされているのが各種事務員です。

事務作業はむしろAIの得意とする領域であり、時間当たりの作業量は人間の比ではありません。

人間であれば必要となる特別な資格の取得も機械ならば、インストールするだけでOKです。

会計業務などもいずれ完全自動となることが予想されます。

セールスマン

AIに取って代わられやすい意外な仕事として、セールスマンが挙げられます。

セールスマンは上手く話すことによって売り上げを向上させるという側面がある以上、機械では難しいと思われがちですが通信販売を中心となることで機械制御がメインとなることが予想されます。

セールスマンにはサービスや割引を臨機応変に行える強みがありますが、その点に関しても機械を有効活用すれば浮いた人件費で行うことが出来ると考えられています。

マーケティングから販売促進に至るまで全て機械で行うことまで可能となります。

飲食店のレジ打ちや店員

飲食店のカウンターや接客係も機械に取って代わられやすい仕事です。

レジ打ちはもちろん、オーダーを取ったり、運んだりすることも機械で行うことが可能となります。

人と人とやりとりの持つ温かみを重視するお店もあるかもしれませんが、それ以上に人件費が浮くことを重く見るお店が増えてくると考えられます。

機械でオーダーを取れば、注文が厨房へと一瞬で伝わるというメリットもあります。このため、小売店や飲食店のアルバイト業務はかなりの割合で機械に代わると予想されます。

逆に個性のでやすい人気アイドルや声優、お笑い芸人、弁護士、警察官などの仕事はAIが発達しても代わられにくい仕事として認識されています。