正社員と派遣社員、実際どっちがいい?


働き方はそれぞれありますので、自分に合った働き方をすることによって、日々の負担を少なくすることもできます。

今までの働き方は自分には合わなかったと思えば、次の仕事を選ぶときには慎重になり、自分に合う働き方をした方がいいでしょう。

仕事をしていく場合、正社員や派遣社員、パートやアルバイトなど、多くの働き方があります。

比較されやすいのが正社員と派遣社員ですが、実際にはどちらで働く方がいいのでしょうか。

給料面で比較した場合

給料面から考えた場合、正社員は月々の給料に加えてボーナスの支給がありますが、派遣の場合はボーナスがありません。

ボーナス面から考えると正社員のほうがいいと考えやすいですが、月々の給料を比較した場合、正社員のほうが新人の頃には少ない傾向にあります。

派遣の場合、短期間というのもあり、比較的高い時給が設定されていますので、ボーナスはなくてもそれなりの給料をもらえることもあるでしょう。

責任面で比較した場合

責任面を比較してみると、正社員はその会社と契約をしている形になりますので、多くの重要な仕事を任されることになり、責任が重くなります。

責任は重いので大変ではありますが、責任が重い分やりがいを感じながら働くことが出来ますので、仕事に打ち込みやすくなるでしょう。

派遣の場合、派遣会社との契約をしている状態ですので、その会社と直接契約をしているわけではありません。

そのため、補助的な仕事が多くなりますので、責任は正社員よりも少ないですが、やりがいを感じながら働きにくいこともあります。

安定性で比較した場合

安定性を見てみた場合、正社員のほうが安定していると言えます。

派遣の場合は、契約期間が終わればそこで仕事がなくなることになりますし、急に仕事がなくなる場合もありますので、不安定な状態です。

今後の見通しが立ちにくいという点を考えてみると、将来的な計画が立てにくくなる点がデメリットといえるでしょう。

働き方によって、それぞれのいい点もありますし、悪い点もあると言えます。

やりがいを感じながら安定した仕事をしたいと考える人は正社員として働く方がいいですし、仕事によって大きなストレスを感じずに働きたいと思う人は派遣社員のほうがいいでしょう。

実際に働いてみたときに、不満を感じることが多かった場合は、不満点を改善できる働き方をするようにしてみれば、不満を感じることなく働きやすくなりますので、自分に合った働き方を見つけて、楽しみながら仕事をするようにしましょう。